主にFAIRY TAILの二次小説とオリジナル小説を書いているブログです。CP要素が含まれておりますので、苦手な方はご注意ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然だが 俺達は双子だ
生まれた時から2人で1つ
2人はずっとこのまま 平穏な時を過ごしていくのだろう・・・
俺達のみならず、周りの人々もそう思っていた

だけどある日 突然2人の人物が俺達の前にやってきて
俺達の未来をばらばらに引き裂いた

確かに俺達は祝福されて生まれてきた
なのに 何故?
何故俺達は 運命を分けられなければならなかったのだろう?


・・・時間が無い
もうすぐ見張りがやって来る
やはり この紙切れだけでは 俺の気持ちは伝えられなかったようだ

この遺書は 信用できる商人に預ける事にしよう
商人の妹・・名前は忘れたが その妹が俺のこの文章を世に伝えてくれる事だろう
いつか・・いつになるかは分からないけどな


最後に

俺は あいつの事を愛してる

・・・気持ち悪いなんて言うなよ あくまで”家族”としてだ


本当はもっと伝えたい事があったのだが これで終わる事にする

さようなら



第1話へ
スポンサーサイト

【2011/05/15 17:33】 | FT二次小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。