主にFAIRY TAILの二次小説とオリジナル小説を書いているブログです。CP要素が含まれておりますので、苦手な方はご注意ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「・・・・着きました・・」
少女はイルカに止まるように指示し、乗っていた青年が降りるのを弱々しいながらも手伝った。
「・・・・・」

ルーヴ達が辿り着いたのは、ミレアが言っていた通り『森の泉』だった。
正面には大きく深そうな、そして青く透明な泉が視界いっぱいに広がっている。

「じゃ、今からここの水を傷口にかけますね。ちょっと痛いかもしれないですけど、我慢してください。・・・我慢ばっかりでごめんなさい」
早口で喋った後、ミレアはポケットから小瓶を取り出し、泉の水を汲んだ。
日の光を浴びてきらきら光る水が満ちた小瓶を手に、ルーヴの元へ戻ってくる。

ミレアの話によれば、ここの泉の水には強力な治癒作用があるのだそうだ。
聞いた事のない話だったが、そう言われてみれば頷ける。
何か聖なる力を秘めていそうな、とても美しい水だった。

「・・・ミレア、って言うんだったよな、君」
「あ、はい。そうですが・・・」

「君は、どうして俺が怪我をしている事を知っていたんだ?」

その質問にミレアの表情が硬くなった。
しばらくの沈黙の後、恐々といった様子で彼女は語り始める。
「・・・・私、今朝・・家族と喧嘩したんです。その時に、『ルーヴ・キリーダを殺せ』って聞いたから・・だから、一生懸命探して、やっと貴方を見つけたんですけど・・もう怪我をしちゃった後でした」
「そうか。家族って、誰と喧嘩したんだ?」
「それは・・」
ミレアが口を開きかけた時、

「来ると思ったぞ」

頭上から男の声が響いた。

「!?」
辺りを見渡すルーヴ。
「・・っ!」
ミレアは、ルーヴの陰に隠れてしまった。
それを見て、男は少し不機嫌そうな表情になった・・気がする。
男の顔はフードに隠れてしまって、よく分からない。

「・・・全く、あまり手間を掛けさせるな、ミレア。思ったより時間が掛かってしまった」

何の事だと言い返そうとして、ルーヴははっとした。

(この子の名前を知っている・・?まさか・・・)

ルーヴは男を見据えたまま動かない。
対して、男は木から飛び降りて見事着地すると、すっと目を細めてルーヴたちの様子を窺った。
ミレアが握る衣服の裾にどんどん皴が出来ていく。
それだけ強く握り締めているのだろう。

「お前には、儀式に参加してもらう。本当ならそこの妹に参加してもらうつもりだったんだがな・・・
「・・・儀式?それに、妹って・・」
ルーヴが言い終える前に、男が襲いかかってきた。
咄嗟に少女を庇いながらそれを避け、腰に携帯していた剣を取った。

「召喚・『黒鳥(ブラッククロウ)』」
傷口を庇い、ミレアを抱きかかえて、飛んだ。

「なっ!?」
「へ・・!?」
その光景に驚く男と、突然自分が宙に浮いてパニック状態になるミレア。

その名の通り、飛んでいるようにしか見えないだろう。
何しろこの魔法は、自身を烏のような飛翔力にまで増幅してくれるのだから。
だから正確には、跳んでいると言った方が正しい。

「逃げる気か・・!」
ルーヴが遥か空中に逃れても尚、男は2人をしつこく追ってくる。

このままでは、強力な魔法を発動されてしまい、ミレアと共に地上へ落とされてしまうかもしれない。
いつまでも逃げてはいられないだろう。

どんな手を使えば良いのか迷っていた時。

「召喚・『虹色の鯨(レインボー・ホエール)』・・!」

ルーヴの脇から突然声が上がった。

そして、男の視界いっぱいに水しぶきが映り、男は思わずその場に立ち止まる。
呆気に取られるルーヴ。
「じ、じゃあ、今のうちに・・!」
「あ、ああ・・・」

(今のは、召喚魔法!?だとすると、今のは・・)

この魔法は・・『水』属性の魔法?



続く
スポンサーサイト

【2011/08/07 21:55】 | オリジナル小説
トラックバック(0) |

No title
LandM
虹色の鯨の召還ってすごいですよね。
かなり派手な感じになるんでしょうね。
それだけの召還をするとなるとハイレベルな召還使いと言うことになるんでしょうね。


Re: No title
mimi346
コメント、いつもありがとうございます^^

確かに、よく考えてみれば派手ですね(笑)
結構、適当に思いついた魔法だったんですが・・(^^;

彼女はまだまだ、剣士の卵という所です。
あんまりネタバレな事は言えませんが・・・。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
虹色の鯨の召還ってすごいですよね。
かなり派手な感じになるんでしょうね。
それだけの召還をするとなるとハイレベルな召還使いと言うことになるんでしょうね。
2011/08/15(Mon) 20:26 | URL  | LandM #19fPlKYU[ 編集]
Re: No title
コメント、いつもありがとうございます^^

確かに、よく考えてみれば派手ですね(笑)
結構、適当に思いついた魔法だったんですが・・(^^;

彼女はまだまだ、剣士の卵という所です。
あんまりネタバレな事は言えませんが・・・。
2011/08/15(Mon) 22:04 | URL  | mimi346 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。