主にFAIRY TAILの二次小説とオリジナル小説を書いているブログです。CP要素が含まれておりますので、苦手な方はご注意ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの日の君に恋焦がれ」の、ゆりかご様からのリクエストで、FT二次小説・グレジュビです。
大幅に遅くなってしまって・・大変申し訳ありません!



もうすぐクリスマス。

そんな訳で、マグノリアの街は普段以上に活気が溢れ、人でごった返している。
マグノリアにある雑貨店は、品揃えが豊富なのとセンスが良いのとで、かなり人気が高いらしい。

当然の事ながら、『妖精の尻尾』も皆浮かれ上がっていた。
クリスマスのプレゼントを買う為に殺気立ちながら仕事へ向かう者もいれば、クリスマスの前だからこそとのんびりしている怠け者もいる。

一方、カウンターの前に座ったグレイ・フルバスターは、そのどちらにも当てはまらなかった。

「はぁ」

氷だけ残ったグラスをカランと鳴らしながら、カウンターテーブルに突っ伏して溜め息をつく。
少しの沈黙の後。
氷が溶けて薄まった酒をすすってから、また「はぁぁ」と深い溜め息をつく。
今朝からずっと、その繰り返しだった。

「グレイ、ウイスキーのお代わり、いる?」

グラスを拭きながら、カウンターの奥に立っているミラジェーンが声を掛けてきた。
「・・・ミラちゃん・・悪いけど、あんま飲む気分じゃねぇんだ・・・」
突っ伏したまま、珍しくか細い声で呟いたグレイに、ミラジェーンは「あら」とわざとらしく驚く。

「今日はずっとその調子みたいだけど、何かあったの?」

グレイの身体がぴくっと反応し、横目でミラジェーンを見ながら、彼はぽつりぽつりと語り始めた。
「・・・・昨日な・・・」


そう、全ての発端は昨夜の事。

グレイはリクエストボードの前で、いつものように仕事を探していた。
「・・・お?」
一枚の紙を見つけ、それを手に取る。

『聖夜の夜、貴方の恋人と一緒に仕事に来てくれる人を探しています!是非、貴方の笑顔で私の子供達を癒してください! 報酬は10000J』

「・・・何じゃこりゃ」

最初はいたずらかと思った。
こんな依頼に10000Jも出すなんて、馬鹿げている。

だが、この珍しい依頼書から、どうしても目が離せなかった。

自分に恋人なんていないのに。

・・・今の流行に乗っ取るなら・・『非リア充』ってやつか?

頭の中に彼女の姿が現れる。

ジュビア。

「そ、そうだ、あいつに恋人の代わりをして貰えりゃ良いのか」

火照り始めた顔を隠すように俯きながら、グレイはカウンターへと向かった。
そこにちょうど、ジュビアがいたからだ。

「あ、ジュビア・・」
声を掛けようとしたが、それは叶わなかった。
寸前で、声が出なくなってしまったのだ。

ジュビアが今まさに、仕事へ出掛けようとしていた。

それは良い。
問題は。

「じゃあ、ハッピーさん・・行きましょうか」

「あい!」

・・・・ジュビアが、ハッピーと・・仕事に、行く?


「・・・という訳なんだよ、ミラちゃん」
全て話し終えると、グレイは力尽きたように、再びテーブルに突っ伏した。
グラスを拭くのを止め、やたらと真剣な声でミラジェーンは呟く。
「・・・・昨日まで、ジュビアにはまるで無関心だった癖に・・」
「ん?何か言ったか?」
「何でもないわ。・・・それより、グレイはそれが原因で落ち込んでるって事?」

そうなのだ。
あれ以来、何だか胸がもやもやする。
まさか、胸焼けでもあるまいし。

「何なんだろうなぁ、この心のもやもやは」

「それはきっと、『嫉妬』よ」

断言したミラジェーンに、グレイは驚いて思わず立ち上がった。

「嫉妬!?俺が、ジュビアに!?何で・・」

「・・・自覚ないのね」
やれやれ、というようにミラジェーンは首を振る。
対するグレイは、まるで訳が分からなかった。

ある筈ない。
自分が、ジュビアに・・恋心を抱くなんて。
しかも、嫉妬とは。

うんうんと唸り続けるグレイを見かねて、ミラジェーンは溜め息をついた。
「グレイがそういう所に疎いのは、昔から見てきたから分かるわ。・・・でも、ハッピーとジュビアがくっつくなんて・・ありえると思う?」
「そうなんだよなぁ・・猫に嫉妬してる俺もどうかしてるよな・・・」
「だって、あの2人が結婚して、子供を産んだら・・・。・・・人面猫・・」
「結婚はまだ早いだろ!!ていうか、そこかよ!!」
しくしくと何故か涙を流すミラジェーン。
宥めるのも突っ込むのも疲れそうなので、グレイはカウンターを離れた。

・・・でももし。
もしもだ。

ジュビアが、ハッピーと恋人同士になるんだとしたら。

自分は、どうすれば良いのだろう。

グレイはポケットから例の依頼書を取り出し、手を開いてそっと見た。
クリスマスは明日だし、リクエストボードに戻しておいた方が良いと思うが、一応キープしている。
・・・怒られるので、ミラジェーンには内緒だ。

もし、あの2人が付き合うのだとしたら・・・。

俺は・・・。


そして、翌日。

「「「「メリークリスマス!!」」」」

飲めや騒げやの、『妖精の尻尾』恒例の宴が始まった。
イエス・キリストの誕生日だろうが、聖なる夜だろうが、関係ない。
イベントがあれば、とにかく騒げ。
それが『妖精の尻尾』内での、暗黙の了解だった。

いつもなら皆に混じるのだが、今年だけは出来そうもなかった。
グレイはギルドの隅っこで、紙切れを見つめている。

「グレイ様!」

聞き覚えのある声が掛かり、グレイは慌てて紙切れをしまう。
目の前には、サンタクロースの格好をしたジュビアがいた。

可愛い。

不覚にもそう思ってしまったが、慌ててその感情をかき消す。
俺には、そんな感情を持つ資格はない。

「メリークリスマス、ですね!グレイ様は混ざらないんですか?」
「俺は・・いい」
グレイが控えめな声で首を振ると、ジュビアは残念そうに眉を下げた。

「ジュビアー!こっちにおいでよ!」

遠くからハッピーの声が聞こえる。

・・・という事は・・やっぱり、ジュビアは。

「あ、ハッピーさんが呼んでるみたい・・行かなきゃ」
「待て」
走り出そうとしたジュビアの腕を掴んで引き止めると、彼女は驚いたようにこちらを振り向いた。
「グレイ様・・?」
困惑したような彼女の視線が痛かった。
だけど、『これ』だけは渡さなければ。

「・・・もう遅いかもしれねぇけど、この依頼書・・やるよ」

「グレイ様・・これ」
「ハッピーと一緒に、行ってこい。今からなら、まだ間に合うだろ?」

「グレイ様、何言ってるんですか」

真顔で言ったジュビアの顔を、グレイはまじまじと見てしまった。

・・・「ナニイッテルンデスカ」?

「何故、ジュビアがハッピーさんと行かなければならないんです?」
「え、いや、その・・だって」
「これ、『貴方の恋人と一緒に』と書いてありますよね。・・・まさか、ジュビアとハッピーさんが恋人同士だとでも思ってたんですか?」
「え、いや、だって」
「冗談じゃないです!だって・・ジュビアとハッピーさんが結婚して、こ、こ・・どもを産んだら、・・・猫のコスプレをした赤ちゃん・・・」

やっぱりそういう発想ですか。
てか、猫のコスプレした赤ん坊はさすがにないだろ。
まだ人面猫の方がリアリティがある。

「・・・それに!」
振り絞ったような声で、ジュビアが拳を握る。
グレイは驚いて目を見開いた。

「ジュビアは、グレイ様とこの仕事に行きたいんです・・!」

彼女は、鼻の頭を真っ赤にして、涙を流していた。

今なら納得できる。

俺だって。

ジュビアとこの仕事に行きたかった。

「すまねぇ、ジュビア」

そっと抱きしめても、彼女の嗚咽はなかなか止まらない。

「お前の言ってた通り、俺は・・お前とハッピーが付き合ってるんだとばかり思ってた。だけど、それが勘違いだったなら・・・」

依頼書を握りしめている方のジュビアの手を取り、グレイは言った。

「俺と一緒に、仕事へ行こう」

その瞬間、沸騰したかのようにジュビアの顔から蒸気が吹き出す。
彼女は顔を真っ赤に染めて、ばったりと倒れてしまった。

「・・・ジュビアは・・そのお言葉だけで・・幸せ、です・・・」
「お、おい、ジュビア!?しっかりしろ!死ぬなー!おい誰か、救急車、救急車!てか、団扇くれ!」


彼らの様子を遠巻きに見ていたハッピーは、ぽそりと呟いた。

「確かにオイラは、ジュビアのサンタクロースの服を買う為に、一緒に仕事に行ったけどさ・・今のは、酷くない?」
「・・・ドンマイ、ハッピー」
側にいたルーシィは、涙目のハッピーの肩をぽんと叩いたのだった。


結局、グレイとジュビアが例の仕事に行く事はなかったらしい。

まぁ、何ともおめでたなカップルが誕生したものだ。



終わり


↓追記にてあとがき的なものを・・・
ゆりかご様、書くのが遅れてしまい、本当にすみません・・・。
リクエストに忠実に書いたつもりだったのですが・・もしも「全然違うんですけど」という事でしたら、書き直しでも何でもしますので、お気軽にどうぞ・・!


グレジュビで嫉妬するグレイ、というリクだったのですが。
自分的には、嫉妬しやすいのはジュビアの方なのかな、と思っているので、グレイが嫉妬するというのは結構新鮮でした。
・・・嫉妬というか勘違いになっている気がしないでもないんですが・・・。

ちなみにその後、グレイがジュビアをテイクアウトして、自室で●●●とか何とか
雑音混じりました、すいません。

ハッピーが嫉妬の相手なのは、あくまでもギャグです。
リオンにしようか迷ったんですが、ハッピーの方が面白そうなので彼にしてしまいました。
ごめんハッピー。


リクエストありがとうございました!
小説、長くなってしまって申し訳ないです(^^;

これからもよろしくお願いします!


もし、ゆりかご様がお持ち帰りしたいようでしたら、ゆりかご様のみお持ち帰り可とします。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ゆりかご様、書くのが遅れてしまい、本当にすみません・・・。
リクエストに忠実に書いたつもりだったのですが・・もしも「全然違うんですけど」という事でしたら、書き直しでも何でもしますので、お気軽にどうぞ・・!


グレジュビで嫉妬するグレイ、というリクだったのですが。
自分的には、嫉妬しやすいのはジュビアの方なのかな、と思っているので、グレイが嫉妬するというのは結構新鮮でした。
・・・嫉妬というか勘違いになっている気がしないでもないんですが・・・。

ちなみにその後、グレイがジュビアをテイクアウトして、自室で●●●とか何とか
雑音混じりました、すいません。

ハッピーが嫉妬の相手なのは、あくまでもギャグです。
リオンにしようか迷ったんですが、ハッピーの方が面白そうなので彼にしてしまいました。
ごめんハッピー。


リクエストありがとうございました!
小説、長くなってしまって申し訳ないです(^^;

これからもよろしくお願いします!


もし、ゆりかご様がお持ち帰りしたいようでしたら、ゆりかご様のみお持ち帰り可とします。
スポンサーサイト

【2011/12/20 21:42】 | 捧げ物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。