主にFAIRY TAILの二次小説とオリジナル小説を書いているブログです。CP要素が含まれておりますので、苦手な方はご注意ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『青い瞳に映るもの』あとがきです。

↓からどうぞ(ネタバレ注意)!
この小説が書きたくなったのは、もちろん前に書いたジェラエル小説を書いてからです。
ジークとニナ、そしてジェラールの過去を想像して書いてみたくなったのです。

一番書いていて難しかったのは、やっぱり斑鳩さんが登場するあたりです。
特にあそこは、下書きから大幅に修正したので・・・。
あと京都弁(?)難しいですね・・・

で、なんでジークレインが髑髏会に入る設定にしたかというと・・・
①ただ単に斑鳩さんを登場させたかった(敵キャラの中では好き!)
②楽園の塔崩壊の後、三羽鴉がどうなったか気になった(アニメで出てきたから)
③妖精の尻尾に加入させ、その後を考えると色々どうかなぁ・・・って(同じ顔が2人・・)
という感じでこうなりました。

ちなみに本文中にもありますが、髑髏会は暗殺の依頼が来なくなった為もう闇ギルドじゃありません。
(妖精の尻尾に敗北したからだと思います)

この2人は好きなので、これからも登場させたいです。出来れば。


これからクリスマス小説を書くので、しばらく更新途絶える・・・かも?
2人は登場するのか!?
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
この小説が書きたくなったのは、もちろん前に書いたジェラエル小説を書いてからです。
ジークとニナ、そしてジェラールの過去を想像して書いてみたくなったのです。

一番書いていて難しかったのは、やっぱり斑鳩さんが登場するあたりです。
特にあそこは、下書きから大幅に修正したので・・・。
あと京都弁(?)難しいですね・・・

で、なんでジークレインが髑髏会に入る設定にしたかというと・・・
①ただ単に斑鳩さんを登場させたかった(敵キャラの中では好き!)
②楽園の塔崩壊の後、三羽鴉がどうなったか気になった(アニメで出てきたから)
③妖精の尻尾に加入させ、その後を考えると色々どうかなぁ・・・って(同じ顔が2人・・)
という感じでこうなりました。

ちなみに本文中にもありますが、髑髏会は暗殺の依頼が来なくなった為もう闇ギルドじゃありません。
(妖精の尻尾に敗北したからだと思います)

この2人は好きなので、これからも登場させたいです。出来れば。


これからクリスマス小説を書くので、しばらく更新途絶える・・・かも?
2人は登場するのか!?
スポンサーサイト

【2010/11/23 16:48】 | あとがき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。