主にFAIRY TAILの二次小説とオリジナル小説を書いているブログです。CP要素が含まれておりますので、苦手な方はご注意ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「えへへー、楽しみだね。あの漫画の続き、早く見たいなぁ」
「しーっ!それは言わない約束だろう」
「うん。分かってるよ」
先程からルーヴは真剣な目で辺りを見回してばかりいる。
ルーヴを知っている人間・・特に第1部署の者に見られたくない、という意思表示なのだろうか。

人目ばかり気にしていたので今まで気が付かなかったが、いつの間にか知らない道を通っている事に気付いた。
本屋は町の方角にあるのに、ルーヴたちが通っている道はどんどん細い道となっていく。
森の木々まで見えてきている。
これは何かおかしい。
やっと危機感を感じたルーヴは、慌ててキリに尋ねようとした。
「キリ、本屋はこっちの道じゃ・・・」
言いかけたその時、キリの懐に鈍く光る物が見えた。
同時にキリはナイフをルーヴに突き出す。
咄嗟に避けようとしたが、何故か身体が動かなかった。
そのまま刃が腹部に刺さる。
「・・・っ!?」
突然の出来事にルーヴの思考がついていけない。
肌を抉られるような痛みに、ルーヴの体が傾く。
真っ白になった頭で、彼が唯一考えられた事は・・・
(キリに、刺された・・?)
直後に青年の意識は途切れた。


その頃、医務室では。
「・・・という事は、『水の剣士』が不審な動きを見せていると言う事ですか?」
エアルの問いかけにアナが深く頷く。

『水の剣士』。
白騎士や黒騎士以外にも、魔法剣士の種類は多数ある。
その1つ、『水』属性攻撃を得意とするのが『水の剣士』だ。
ちなみに魔法剣士は、属性を大きく2つに分けると『光』か『闇』のどちらかになるが、『水』は『光』に属している。

「そう。今まで大人しかったんだけど、最近になってね・・。何か変な『儀式』を見たって人もいるし」
「それって・・剣士長が直接命令しているんですかね?」
アナはその質問に複雑な表情になる。
「うーん・・そうじゃないかもしれない。・・・最近、剣市長と側近とが仲悪いって聞いたし・・。それに、水の剣士長は女な上にまだ子供だしねぇ」
「こ、子供・・!?」
エアルは驚きを隠せなかった。
確か、オリオンが剣士長となったのは2年前・・当時17歳の時だったはずだ。
「何歳ぐらいなんですか?」
「えっと・・・9歳かそこらじゃなかったかなぁ」
「9歳!?それって、キリ君と同じくらいじゃないですか」
「まぁ、そういう事になるね」
キリ、という名前が出てきた事で思い出したのか、アナはふと窓の外を見た。
「キリと言えば、あの2人どうしたんだろう。遅いね」
「ですね。どこまで行っちゃったんでしょうね」
エアルは知らないが、彼らの行き先は近所の本屋だ。
しかも買うものが決まっているとなれば、ここまで長時間留まっている事はおかしい。
何だか胸騒ぎがした。
それはエアルも同じようで、彼女は勢いよく立ち上がる。
「探してきましょうか」
「ああ、あたしも行くよ」
もちろんアナも立ち上がり、支度を始めた。

(・・・キリ、ルーヴ・・)
何も無いと良いんだけど。
アナは祈るように目を閉じた。



続く
スポンサーサイト

【2011/03/22 21:57】 | オリジナル小説
トラックバック(0) |

No title
LandM(才条 蓮)
水の属性は光に方に属するのですね。さながら大地が闇のほうに属するのでしょうか?・・・まあその辺の価値基準はその国の考え方によって違うのでしょうね。水を崇める国家であれば、当然その国家国民で水が光に自動的に属されるでしょうしね。

Re: No title
mimi346
コメントありがとうございます^^

『水』を光の属性にしたのは、水は『清める』というような意味があったからです。
『大地』は『地(下)』なので、闇に属しているという設定です。
分かり辛くてすみません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
水の属性は光に方に属するのですね。さながら大地が闇のほうに属するのでしょうか?・・・まあその辺の価値基準はその国の考え方によって違うのでしょうね。水を崇める国家であれば、当然その国家国民で水が光に自動的に属されるでしょうしね。
2011/05/29(Sun) 06:51 | URL  | LandM(才条 蓮) #19fPlKYU[ 編集]
Re: No title
コメントありがとうございます^^

『水』を光の属性にしたのは、水は『清める』というような意味があったからです。
『大地』は『地(下)』なので、闇に属しているという設定です。
分かり辛くてすみません。
2011/05/31(Tue) 21:21 | URL  | mimi346 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。